• Twitter

© 2019 Linktron All right reserved.

  • tosh

「自然消滅で終わらせないことが一番大事」-蛍(けい)さんインタビュー」




カラオケや歌ってみたでつながる音楽コラボSNS “nana”。2012年のローンチ以降、気軽に様々な歌い手や声優とコラボレーションを楽しめるこのサービスは10代~20代の若いユーザーを中心に爆発的な支持を得ています。 本日はそんなnanaで声劇「カラフル戦隊☆レインボージャー」の主催・脚本ならびに声優を務める蛍(けい)さんにお話を伺いました。



SPOTLIGHT運営 (以下SL): 蛍さん、本日はインタビューにご協力いただきありがとうございます。最初に現在の活動についてご紹介頂いてもよろしいでしょうか。


蛍さん (以下 蛍): はい。現在音声投稿アプリnanaを中心に「カラフル戦隊☆レインボージャー」「もしもシンデレラが掃除娘だったら?」「なんだか違う?! おとぎ話」の3つの声劇をさせていただいております。レインボージャーはnanaでの活動に加えて、Twitter・LINE・Youtubeでも展開しています。


SL: ありがとうございます。レインボージャーは蛍さんの活動の中でも特に長く続けていらっしゃるお話ですが、ストーリーについてお伺いできますでしょうか。


蛍: はい。本当に普通の、さえないフリーターである赤田正義くん(CV: ○汰さん) が主人公です。 彼はひょんなことから悪の集団カオスジェネシス下っ端に絡まれてしまうんですね。そんな彼のピンチをレインボージャーが助けてくれるんですけど、名前に色がついているという理由だけで強制的にレインボージャーの一員にされてしまい…そこから始まる物語になります。


SL: かなり衝撃的な幕開けですね…。


蛍: そんな感じのドタバタなコメディなのですけど、今だいぶ展開がシリアスになってきて…


SL: えええ。じゃあ、まさにちょうど物語が佳境に入ってきたということですか。


蛍: そうなんです。今までのほのぼのとした展開が一転しまして、最新の16話・17話から辛いお話になってきてるんです。キャストのみんなからも「辛い辛い辛い…」って声が上がるくらい(笑) 私も録音していてとても辛くて…まあ私が書いたんですけど


SL: なるほど…。今がちょうど物語のターニングポイントなのですね。ちなみに、蛍さんはレインボージャーの中でどのような役を演じてらっしゃるのですか?


蛍: 私はレインボーピンク/桃生ゆかりちゃんを演じています。ゆかりちゃんはトップアイドルを目指す女の子です。なので、表向きはすごくキャピっとした可愛らしくて、いかにも「女の子」って感じの子なんですけど、実は本性はそうでもなくて…

ゆかりちゃんは本名が「和子」なんですが、レインボーイエロー/黄桜雅彦 (CV: せいやさん)だけ彼女のことを本名で呼ぶんですね。その度に「和子って呼ばないでって言ってるでしょ!」って言うのがお決まりのパターンです。トップアイドルになるために、普段は猫をかぶってるんですが、その時のキャラクターと素のキャラクターとのギャップを楽しんでもらえれば、と思います。


SL: なんか…ゆかりちゃんのキャラクターとってもいいですね…。


蛍: ありがとうございます(笑)




「作品をきちんと理解してくれるか」「愛してくれそうか」にこだわって、メンバーを選びました。


SL: 蛍さんが声劇をはじめた経緯についてお伺いしてもよろしいでしょうか。


蛍: 元々、こえ部で歌ってみたとかをやっていたんですけれど、nanaに移って他のユーザーさんのコラボレーションなんかを見ているうちに、長編声劇ってジャンルがあるのを知って、それで色々なオーディションを受けてみたんです。そうしたら、どこもかしこも落ちてしまって…。それなら自分で主催をすれば絶対キャストできるじゃん、と思って。それがきっかけではじめました。


SL: あはは。レインボージャーはなにかルーツとか、きっかけになるようなものがあったんですか?


蛍: 高校時代に演劇部にいまして。その時に「ダメっ子戦隊ヘタレンジャー」という脚本を書いていたんです。その高校生の時に書いていた作品を、今書き直したらどうなるのかな?というところからレインボージャーが生まれました。


SL: 長年温めてきた企画なのですね。僕も昔バンドとかをやっていたので思うのですが、こういったコラボ活動って仲間を集めるのがとっても大変なイメージがあります。そのあたりの苦労ってどうだったのでしょうか。


蛍: そうですね、nana上でオーディションを開いてメンバーを集めたのですが、最初はなかなか応募してくれる方も少なくて…。それでも根気強く拡散して宣伝して、今のメンバーが揃った、という感じですね。 それでも誰でもいいってわけではなくて。演技力ももちろんそうなのですけど、なにより「意気込み」をすごく重視しました。


メンバーは「きちんと作品のことを理解してくれているか」その上で「作品を愛してくれそうか」にこだわって選びました


SL: それでは、今一緒に活動してらっしゃるメンバーはまさにベストメンバーということで。


蛍: はい! 現在は絵師さんも含めて8名で活動しているのですが、全員レインボージャーを本当に愛してくれています。 私もTwitterやLINEなんかを使ってレインボージャーを広める活動をしていますが、まず最初にチームのみんなが喜んでくれるんです。それがあるから、どんどん新しいことにチャレンジしよう、とか頑張らなきゃ、って思えて、続けていけるのだなあって。


SL: わかります!まず何より、自分の周りの人とか一緒にやってくれている人に喜んでもらえるのが、一番モチベーションに繋がりますよね。


蛍: キャスト・絵師さんみんな本当に仲が良くて。一緒にオフ会もしています。年齢はバラバラなのですが、好きなものが共通していて、年齢を飛び越えた友情ができている、それはすごくありがたいなあって思いますし、ずっと大事にしていきたいなって思います。


「自然消滅で終わらせないこと」を一番の目標にしています。


SL: 活動の中で、特にこだわっているところは?


蛍: 「自然消滅させない」ことを一番の目標にしています。nanaってたくさんのコラボレーションがありますけど、これ素敵な企画だなって思っても結構な頻度で活動が止まっちゃうんです。主催の人が忙しくなって活動が続かなくなったりとか…。そういうのは絶対に自分の企画ではやりたくない、責任をもって最後までやり遂げなきゃ、って思っています。 そのために脚本もできるだけ早く上げて、メンバーにできるだけ楽しんでもらえること、いい空気を作ること、を常に心がけています。


SL: 確かにいい企画ほどすぐに更新がなくなったりして、がっかりすることは聞き手として本当に残念に思っています。 あと、長く続ければ続けるほど、段々といろんなものに目が移ってしまったり、軸がブレてしまったり、苦労も多いのではないでしょうか。


蛍: そうですね。やっぱりリアルも含めて色々なことに追われてくるとnanaを開くのも億劫になるときもあります。そんなときもとにかく続けることが大事だし、楽しいよ! って自分に言い聞かせて頑張っています。メンバーがとっても仲がいいので、そこに助けられていますね。「本当にみんなありがとう」って感じで。


あとは、メンバーにわくわくしてもらうためにも、活動の幅を広げて、少しでも多くの人に自分たちの企画を知ってもらいたい、と思っています。もっともっとこの環を広げるために、色々なことにチャレンジしていきたいって思います。



レインボージャー第二部に向けて、新キャストの方を募集します。


SL: 蛍さん、ありがとうございました。最後に、イベント・企画の告知等ありましたら、是非お願いいたします。


蛍: はい。少し先の話にはなるかもしれませんが、冒頭で申し上げた通り、レインボージャーが今佳境に入っています。 実は今のレインボージャーはまだ第一部でして、近い将来に第二部が始まるんです…


SL: え、そうなんですか?


蛍: そして、レインボージャー第二部では追加のキャラクターが登場するんですよ…。


SL: なるほど!?


蛍: 今の進み具合だと半年から1年くらい先になるかもしれないんですけど。もしnanaでレインボージャーを聞いてくださっている方や、この記事を読んでくださった方の中でレインボージャーファミリーに入りたい! という方がいたら、第二部からのメンバーとして参画いただけるととっても嬉しいです! レインボージャーを愛してくれる方をお待ちしています!!


SL: 告知ありがとうございます。SPOTLIGHT INTERVIEWといたしましても、新メンバーの募集、積極的にご支援させていただきます。

本日は貴重なお時間、誠にありがとうございました。


蛍: ありがとうございました!



SPOTLIGHT INTERVIEW 記念すべき第1回のインタビューは声劇「カラフル戦隊☆レインボージャー」の主催・脚本ならびに声優を務める蛍(けい)さんへのインタビューでお送りいたしました。


とてもほんわかした楽しい雰囲気の方で、メンバーの皆さんがいい空気の中で活動していらっしゃる様子が伝わってきました。


まさに今ストーリーが佳境を迎え、来たる第二部に向けて新メンバーを募集中、とのことですので、是非この機会にレインボージャー、チェックしてみてはいかがでしょうか。


本日お話を伺った方: 蛍 (けい) さん



レインボージャーのページ (nana): https://nana-music.com/users/4581601

公式Twitterアカウント: https://twitter.com/color_rainbow06?s=09

公式LINEアカウント: http://nav.cx/4p2o9gD

Youtube: https://youtu.be/Xge8RiM5Qgg

ノベルゲーム: https://www.novelchan.wgt.jp/work/25500/



SPOTLIGHT INTERVIEWでは、「世界に自分を発信したい​」皆さんからのインタビュー依頼をお待ちしています。自薦他薦は問いません。執筆依頼の方は↓からご連絡ください。 https://www.spotlight-interview.com/contact