• Twitter

© 2019 Linktron All right reserved.

  • tosh

「『殺意』をテーマに、賛否両論で受け止めてもらえる曲づくりに拘りました」-“喪服シンガー”723chatoNne⤴(ナツミシャトンヌ)さんインタビュー

「殺意」をテーマに、クラシックをモチーフとした楽曲と、喪服をイメージした衣装で独自の世界観を演出したライブ活動を行う沖縄出身の”喪服シンガー”723chatoNne⤴(ナツミシャトンヌ)。新曲「待って待ってちょっと待って」のMV公開にあたり、独占インタビューを行った。




SPOTLIGHT運営 (以下SL): 本日はインタビューにお越しいただきありがとうございます。まずは読者の皆様に向かって、自己紹介と現在の活動についてご紹介を頂けますでしょうか。


723chatoNne⤴ (以下 723): はい、”喪服シンガー” 723chatoNe⤴ (ナツミシャトンヌ)と申します。クラシックをモチーフにロック、ジャズで味付けしたサウンドに殺意をテーマにした歌詞をのせた私独自の音楽をやっています。名前の由来は、本名のナツミを数字で表した「723」と、昔からよく猫のようだと言われていた事もあり、フランス語で仔猫を意味する「chatonne」を付け、723chatoNne⤴と付けました。因みに最後の矢印は猫の「シッポ」を意味します。 今は都内を中心に多い時は月に10本程度のライブをしております。




「独立してソロになって、自分自身で作っている感じがとても楽しいと思っています」

SL: ありがとうございます。元々、アイドルとしての活動からスタートされて、今はソロでの活動ということですが、現在に至るまでの経緯についてお話伺えますでしょうか。


723: 元々子どもの頃からアイドルが好きで、私も人前に立つような仕事をしたい、芸能界に入りたいと思ったのがきっかけで沖縄から単身で上京してきました。 CANDY GO! GO!や、TOKYO MXのつんつべ♂という番組の企画で結成された桜丘ショコラ等のアイドルグループを経て、ロックテイストのアイドルグループDISDOLではセンターとリーダーを努めさせていただきました。赤坂Blitzが満員になったり、とても楽しくやりがいもあったのですが、よりアーティストとしての活動に取り組んでいきたい、という思いがあって、卒業させていただきました。


SL: アイドル卒業後はどんな活動を?


723: 1年半くらいバンドで活動したりしていたのですが、更なる創作意欲や、スタイルに対する拘りの気持ちがどんどん強くなっていって…個人事務所を作って今のスタイルでの活動をはじめました。


SL: アイドル時代と今とでは、やっぱり色々なことが変わった?


723: そうですね。作詞とか演出の部分とかも含めて、「自分自身で作っている」感じが強くなってきたなと思っています。もちろん以前もライブはとっても楽しみだったしやりがいもあったのですが、今は作品に携わり自分を表現することの楽しさ、更にやりがいも感じています。





「『殺意』をテーマに、異彩を放ちながら、賛否両論で受け止めてもらえるような曲にしたつもりです」

SL: 今回公開される新曲「待って待ってちょっと待って」を拝聴いたしましたが、かなり尖った仕上がりなと感じました。新曲のコンセプトについてお話をいただけますでしょうか。

723: 追求したキーワードは「殺意」です。今回も作詞はすべて私がやっていますが、衣装も更に拘って喪服を意識したコーディネートにさせていただきました。


SL: とってもかっこよかったです!


723: ありがとうございます笑 棘のある世界観を大事にしつつ、映画を見ている感じで見てほしい、という思いを込めてMVやライブの演出をしています。私自身、いわゆるアイドルとしてのキャリアが長かったので、どうしてもサイリウム系のイメージを持たれがちなのですが、リスナーに意外性をもって聴いてもらえる、異彩を放ち、賛否両論を持って受け止めてもらえるような曲にしたつもりです


SL: 周りとの差別化が基本的なコンセプトなのですね。今回、映像の方も印象的な仕上がりとなっていますが、制作に関するストーリー等お聞かせいただければと思います。

723: 元々、私はものすごく晴れ女なんですけど、雨のシーンを撮ろうとした時にも見事に晴れてしまって…。雨降らし機みたいなのを使うと予算も跳ね上がってしまうし、CGで対応しようか、どうしようかみたいな話になっていて。それで、「雨降って~」ってお願いしたら、見事に雨が降ったんです!


SL: まさに奇跡…! 歌詞とリンクした、まさにイメージにぴったりのシーンですよね。最後に、723さんの将来目指す姿や、今後の活動についてお話をいただければと思います。

723: 最終的な目標は武道館です。その夢に向けて、まずは足元のライブをきちんと成功させていきたいです。2月に渋谷のRUIDOK2でワンマンライブをやるので、来てくださったら嬉しいです!

SL: 今から楽しみですね! 本日はありがとうございました。




【ライブ情報】

723chatoNne⤴ 2ndワンマンライブ

~猫の恩返しvol.2~

2020年2月29日(土)

会場/渋谷RUIDOK2

開場/18:30 開演/19:30

前売り3000円/当日3500円(各+1D)


SPOTLIGHT INTERVIEW、本日は723chatoNne⤴さんへのインタビューでお送りいたしました。ありがとうございました!


本日お話を伺った方: 723chatoNne⤴さん


公式Twitterアカウント: https://twitter.com/natsumiokinawa

Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCEfXA7TV4oO0jl540fLAUJA



SPOTLIGHT INTERVIEWでは、「世界に自分を発信したい​」皆さんからのインタビュー依頼をお待ちしています。自薦他薦は問いません。執筆依頼の方は↓からご連絡ください。 https://www.spotlight-interview.com/contact